ご挨拶

鹿児島県本土の模式地質断面
(地上は県木楠と海紅豆(かいこうづ)、名産黒豚、黒ぢょか(焼酎の酒器)、鹿大ブランド焼酎)
 鹿児島大学理学部地学教室応用地質学講座のホームページ「かだいおうち」をフリーズしたのは2000年3月、もう一昔以上前のことです。しかし、その後も皆様方に愛読され、アクセス数は100万を突破しています。「かだいおうち」は元々学生の自主的な講座ニュースが出発点ですので、内容はわかりやすく、学部生向けでした。しかし、彼らも卒業して今や中堅として社会で活躍しています。そこで、ご要望に応じて、advanced courseを作ることにしました。Further readingsとして、なるべく参考文献も付けました。やはり雑学(trivia)を順不同に並べてあります。鹿児島に関わることを中心にしているのは「かだいおうち」と同じ方針です。鹿児島のお国柄(風土)を地学の切り口で見てみようというわけです。いわば「かごしま地学おもしろ物語」です。ジオツアーや地学散歩あるいは暇つぶしにお役に立てば幸いです。
 なお、「かだいおうち」を始めた1995年は、研究機関同士の専用回線が鹿児島に到達した年、それに比べて今ではネット環境が激変しました。往時は、ブラウザもNetscapeとMosaicがある程度で、日本語のような2バイト文字は自動折り返し出来ませんでした。Javaもまだver.1の時代でした。上の噴煙も、gifアニメがない時代でしたから、画像を動かすためには、Javaで長いプログラムを組む必要があったのです。地図情報も囲い込みの時代で、今のように積極的にネット公開する時代とは隔世の感があります。そこで、今回はjavascriptをフル活用して、Google Mapや地理院地図、さらには産総研シームレス地質図や防災科研地すべり分布図などをふんだんに使用したサイトを構築してみました。

2015.11.01  鹿児島大学名誉教授 岩松 暉

 「かだいおうち」とは、鹿大応用地質学講座の略称・愛称です。学生達は岩石学鉱物学講座を岩鉱講座、地質学古生物学講座を層序講座、応用地質学講座を応地講座、地球物理学講座を地物講座と呼んでいました。

<謝辞>
 シームレス地質図と地すべり分布図の使用については、国立研究開発法人産業技術総合研究所と国立研究開発法人防災科学技術研究所のご配慮を戴きました。篤く感謝の意を表します。

<お願い>
 正確を期したつもりですが、誤りや簡略化に伴う舌足らずの点などあるかと思います。ご教示いただけましたら幸いです(連絡先:k4186169@kadai.jp)。

<地図の使用法>

<図について>
 なるべくオリジナルの図および学術誌に掲載された図を使用しましたが、一部にウェブサイトからの引用もあります。出典はその都度明示し、引用文献は末尾に付けました。原著者に感謝します。
 図の上にマウスを持っていったときにマウスカーソルがに変わるときには、クリックすると拡大できます。左上隅にが表示されたら、それをクリックするとさらに拡大します。そのとき、左上隅のをクリックすると元に戻ります。拡大図を消すためには右上隅のをクリックします。

<写真について>
 写真はなるべく岩松自身が撮影したものを使用しました。それ以外のものにはキャプションに出典を載せました。出典の撮影者に謝意を表します。

<地質年代について>
 地質時代は一般になじみが薄いので、なるべく絶対年代にしましたが、詳細は日本地質学会国際年代層序表をご覧ください。この表で、「界/代」「系/紀」「統/世」などと記してありますが、たとえば白亜紀は地質時代を示し、白亜系は白亜紀の時代の地層を示します。つまり、/の前が地層で後が時代です。
 絶対年代についても、詳しく言うと天文年代や放射性同位体年代あるいは古地磁気年代など、いろいろありますが、このウェブサイトではそこは不問に付すことにします。単位は次のとおりです。

<学術用語について>
 なるべく平易に書いたつもりですが、Advanced Courseと銘打っていますので、いわゆる専門語を説明抜きで使っている場合があります。一般の方は、その用語をマウスで選択し右クリックすれば、ネットで検索ができます。地質が専門の方は参考文献をお読みください。

<リンクについて>
 リンクはフリーです。できるだけトップページ(http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~oyo/advanced/)に張ってください。必要な場合は下記バナーをどうぞ。
 


初出日:2015/11/01
更新日:2018/11/03